小川の仕事場 
 
対談を通して、
これまでの流れをひも解きこれからを見つめる。
 
「ブルックスタジオ」という名前には「小川の仕事場」という意味があります。
川は森と里をむすび、流域として地域をつなげます。
小さくても社会の中でひとつのベクトルを持った清らかな「流れ」でありたい。
そう願って、1989年木々の緑が雨上がりに美しく輝く季節、水無月に設立しました。
 
ブルックスタジオは、おかげさまで来年6月に設立から30年目を迎えます。
ブルックスタジオが約30年間絶えず流れをつくってこられたのも、
素晴らしいお客様との出会いがあったからこそ。
 
これまでの30年をひも解き、これからの流れをみつめるため、
そしてブルックスタジオの仕事や「デザインの役割」についてよりわかり易くお伝えするために、
かかわりの深いお客様と対談をさせていただきました。
小川の仕事場は、藤田自ら訪問してインタビューをし、ブルックスタジオにて編集しています。
 
ホームページの制作実例だけではお伝えしきれなかった、
ブルックスタジオの想いが皆さまへ届き、楽しんでいただければ幸いです。